« 冬と春の境い目。 | トップページ | 忘れられない味。 »

2012年3月17日 (土)

ボクシング考。

今日は店が(バイト先)暇だったので、店長から珈琲講座を受けましたがまったく頭に入ってきませんでした。
聞いてるんですけど、5秒ぐらいしたら違うこと考えてるんですよ。
春だからですかね〜(?)。

私は、割と格闘技は好きな方です。
プロレスを格闘技にいれて良いのかは意見の割れる所でしょうが、プロレスは大好物です。
以前、夜中に極真のトーナメント的なのもあっているのも好きで観ていました。

ボクシングは、あんまり観た事がありませんでしたが、BAR6のマスターの愛弟子・中野敬太選手のTシャツをみんなで作って以来、ボクシングが気になるようになりました。

試合の運びや結果よりも、ボクシングを選んでボクシングをやり続ける精神に興味があります。

マスターから、前回の試合のDVDを借りてきました。

この試合で、中野選手は引き分けるのですが、その結果を知った上で観てもとても緊張しました。

本能(食欲)と戦って、怨みも無い相手と殴り合う・・。
断食に耐えて苦行する、修行僧に近いものを感じます。

以前、BAR6さんで中野選手とアミーゴさん(元ボクサー)と呑んだ時、アミーゴさんが『ジャズのセッションみたいな、気持ちいい試合の時もある』みたいな事を言っていたのを覚えています。

理解はできませんが、なんかちょっとだけなるほどと思えました。
素人のボクシング考察です。

|

« 冬と春の境い目。 | トップページ | 忘れられない味。 »

日記」カテゴリの記事

コメント

いやぁ、酔っぱらいのたわ言はヒドイですねぇ。
もし私の前で「ジャズのセッション」なんていう後輩ボクサーがいたら、
「なん艶つけと~とやぁ、きさ~ん」 とぶっとばしてやりますよ。

確かに自分の格上の選手に勝った試合では、緊張感の中で相手にダメージを与え続ける、表現しようのない気持ち良さがありましたけど‥、
楽器なんて弾けないし、ジャズなんて聞かないし、ポンコツ酔っぱらいで恥ずかしいっス。

投稿: マータン命 | 2012年3月17日 (土) 20時05分

>マータン命さん、こんばんは。
いや、私は云わんとするところは解りましたよ。
共鳴し合う、高揚感という感じを想像します。

偉そうな事を言ってすみません。
お酒を呑みながら書いているので、いろんなこと言いたくなるんですよ。
そう思って、大目に見てください。

投稿: okoto | 2012年3月17日 (土) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509408/44527197

この記事へのトラックバック一覧です: ボクシング考。:

« 冬と春の境い目。 | トップページ | 忘れられない味。 »