« 春の品揃え。 | トップページ | あさりの恩返し。 »

2012年4月 3日 (火)

春の嵐。

夕べから、台風でもないのに物凄い暴雨風でびっくりしました。
花散らしどころか、枝折らしの風です。
折れて落ちていた枝を拾って帰ってきて、ふくに見せました。

今日は、取引先の会社に請求書を持って行った帰りに桜を見に行ってきました。

私は、東長寺のこの桜が一番好きです。
並木でもなく、境内にある一本だけの桜です。

目の高さに花があり、とても近いんですよ。

枝の中に入って、下から花を見ます。

京都か何処かで、桜守りをしているおじいさんが“桜は下を向いて咲く花やから下からのぞき込んで愛でてほしい”と言っているのをテレビで見た事があります。

儚さ、潔さ、もちろん美しさ、
それだけでない妖しさ、不気味さも持ち合わせているのが桜の魅力だと、毎年見て思います。

|

« 春の品揃え。 | トップページ | あさりの恩返し。 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509408/44744259

この記事へのトラックバック一覧です: 春の嵐。:

« 春の品揃え。 | トップページ | あさりの恩返し。 »